Home >> 中国切手

中国切手

中国切手

 人気の中国切手の買取もしております。中国切手をお持ちの方は、お問い合わせください。

中国切手の魅力とは?

中国写真

 日本の歴史をみた場合、中国から伝達された文化、技術など多いですよね。日本のとっての中国は、歴史・文化において影響を受けた親しみある国ともいえます。

 日本では、昔から中国切手は人気です。中国の切手コレクターが日本に中国切手を買いにもくるそうです。それだけ日本に「中国切手」が収集されているともいえます。特に人気が高いのは、1949年の中華人民共和国の成立以降に発行された新中国切手です。

 文化大革命(1960年代後半〜1970年代前半)の時代以前の切手は政治色がつよく、単色刷のものがほとんどで裏にのりもなく、絵柄も毛沢東や改革、天安門などが多く使用されました。

 しかし文化大革命以降、切手は中国らしい極彩色で彩られ、内容も文化や芸術、民族やパンダなど多彩で自由なものになり、中国切手にはその時代が表現されています。切手の魅力の一つです。


中国切手ニセモノに要注意…見極め方例をご紹介

中国写真

 中国切手は文化大革命のあった1967年頃の切手に人気が集中しています。
 例えば、右画像の中国切手01は本物であれば4000円前後、同時発行されたもう2種類と3枚セットならば、なんと30,000円くらいはします。
 ところが右画像の切手は誰でもわかるニセモノで、理由は右下に黒い斜線が入っているからです。これはニセモノを作る免罪符のようなもので、 これを印刷することによって、「これはニセモノですよ」という意思表示をしているので、法には触れることはありません。

中国写真

 ところが右の中国切手02もニセモノです。そう勘の良い方は、もうおわかりですね。
  上から消印を印刷する(あるいは本当に押す)ことによって この免罪符をごまかしているのです。我々鑑定人ならば一瞬で見抜けますが、初めて見る方には覚えておいていただきたいニセモノ例ですね。


未使用切手、外国切手の買取について

中国切手

中国切手高価買取り中!
 未使用切手、外国切手(未使用、使用済)等でも買取いたします。
基本、これらの種は、他店並みの買取価格しかご提示できないことをご了承下さい。
 海外切手の中でも、当社では「中国切手」を主に取り扱っており、買取り実績も多数あります。中国切手をお持ちの場合は、ぜひ当社にご相談ください!お問合せはこちら

ページトップへ
  • 柚子堂へのお問合せ

  • お申し込み
  • 柚子堂へのアクセス

  • マップ
  • 使用済み切手を無料鑑定

  • 無料鑑定
  • 中国切手買取を開始

  • 中国切手買取中
  • よくあるご質問の回答集

  • よくある質問
  • 素人が聞きたい切手用語

  • 切手用語辞典
  • 柚子堂 代表ブログ

  • 代表ブログ
  • 写真撮影

  • 写真撮影
(c)Copyright USEDO Co., Ltd. 2009-2016 All rights reserved.