Home >> 切手の歴史とは

切手の歴史とは

切手とは

 切手は、一般的に葉書や封筒etcの郵便で行われる諸々サービスの、料金前納を証明する証紙として扱われます。または「郵便切手」ともいいます。
 宣伝媒体として用いられ、切手収集家等には、古銭や骨董品と同様に収集価値の高いものとして扱われたりもします。

 使用済切手については、消印自体も評価対象になります。使用年代や局名が判明しない切手よりも、そのいずれか、もしくは両方が判明している切手のほうが価値が高いと解釈されています。
 珍しい郵便局の消印や、消印自体が珍しいものも珍重される傾向があります。このような価値観は、日本切手収集においてはごく最近のものであり、過去の切手ブームでは「悪消し」と呼ばれていたりもしていました。また消印がはっきりした切手でも、記念特殊切手では極端に遅い使用例は敬遠されるなど、収集家の好みもあります。

 外国切手になると、このような消印に重きを置いた切手収集は「クラシック切手」とされ、消印収集(マルコフィリー)が目的でない限り、ウェルセンターや全体のフレッシュさを重視した収集が主流となります。使用済切手が好まれるのは、日本の文化といえるかもしれません。

日本切手の歴史

竜文切手

 日本で最初に発行された切手は、1871年(明治4年)4月20日に発行された竜文切手です。当時は通貨改革が行われておらず、江戸時代の通貨による額面表示となります。翌年の1872年(明治5年)には「銭」の単位に変更された竜銭切手が発行されました。1883年(明治16年)に「円」の単位が発行開始。現在まで日本国内の切手は、3,000種類以上あると言われています。形も長方形だけでなく円形やハート型、キャラクターなど多種多様です。

▽…竜文切手 竜文切手の印刷は薄手の和紙で、切手の目打も裏糊もありませんでした。当時はサイズが19.5mmの正方形で、過去、日本で発行された最小サイズになります。国名表記は無記載でした。

▽…竜銭切手 1871年(明治4年)旧暦5月10日の「新貨条例制定」により新通貨『圓(円)』が導入。翌年の1872年(明治5年)2月に「銭」の単位に変更した竜銭切手が発行されました。ちなみに同切手は日本初の目打付切手でもあり、後期になると裏糊もつけられました。


世界の切手の歴史

 19世紀初頭から郵便料金前納のアイデアが各国で提案され始めました。1819年にイタリア・サルデーニャで実施され、現在と同じ「郵便切手」を利用した制度開始は、1840年のイギリスが初期となります。この時開始された近代的郵便制度(料金の前納・重量制の導入・全国均一料金制など)を制度のひとつとし、郵便切手が始めて発行されました。

ローランドヒル

 ローランド・ヒルはイギリスのおける近代郵便制度の考案者として知られており切手の考案者ではありません。イギリス国内ではジェームズ・チャルマーズがその提案者であり、オーストリア(現在のスロベニア)のコシールも、同様の案を1836年に提案しています。


ヴィクトリア女王

 最初の切手はイギリスの当時の国家元首であったヴィクトリア女王の肖像が使われており、約6,000万枚が発行されました。 なお、この切手にはミシン目(目打)が穿孔されていなかったため、はさみで必要な枚数を切り出す必要があった。1854年に目打付き切手が登場。発行国名の表記はなく、額面の記載も英語のみとなっています。

 後に成立した万国郵便連合(UPU)は、国際郵便の円滑を重視し、切手に発行国の国名を示すことを決定。ただしイギリスのみ、世界最初の切手発行国であることに敬意を表し、君主のシルエットを国名代わりとすることが許可されています。 同時に、UPUは算用数字で額面を表していない切手は国内郵便へのみに有効であるとしたが、現在ではこの規制は撤廃されています。

 この時期には、マルレディー封筒など、切手以外の方法による前払いの方法もありましたが、宛名欄が狭く使いにくいなどのデザイン上の問題もあり、切手のほうが簡便なため、広く受け入れられています。  制度が始まったのがイギリスだったこともあり、切手発行国はヨーロッパや、イギリス植民地が中心でしたが、現在では世界各国に広まっています。


切手の状態

 切手は元来郵便物に使用されることを前提に製造されるため、未使用の切手と使用済切手が存在します。収集家のいう切手の状態は、切手の状態の美しさ、つまりノーダメージの状態を指します。
 他の収集物の趣味とは異なり、切手収集においては使用済の状態でも切手は価値を持ち、場合によっては未使用よりも高額で取引されることもあります。
 当社はこの使用済み分野に重点を置き、鑑定させていただきます。


裏糊の状態

未使用切手のみに当てはまる裏糊の状態。下記のような表記で現します。

【MS】…Mint Stamp(s)
 単にMintともいいます。Mintは、語源は貨幣収集用語であり、切手の場合、郵便局の窓口等で発売された状態のままのものをいいます。ただの未使用切手の場合、Unusedなどの語があてられます。

【H】…Hinged
  ヒンジ跡有りの意。かつては収集した切手をアルバムの台紙に直接貼り付けるか、台紙と切手との間に、裏糊のついた蝶番状の薄い紙(=ヒンジ)を貼って整理するのが一般的だったため、1960年以前の切手には比較的多く見受けられます。

【LH】…Lightly Hinged
  軽いヒンジ跡有りの意。上記より跡が目立たないもの、程度が軽いもの。さらに程度が良いものをVLH:Very Lightly Hinged とも言います。

【NH】…Never Hinged
 ヒンジ跡無しの意。ヒンジの代わりに透明フィルムで切手を包む「マウント」が登場して以降、最近発行の未使用切手では、ヒンジ跡があるものはほとんど見かけなくなっています。古い切手でこのような状態であれば、ヒンジ跡有りよりも高値で取引されることが多いです。MNH(Mint Never Hingedの略)ともいいます。

【OG】…Original Gum
 切手発行当初の裏糊が、そのまま残っている状態をさします。


印面の状態

【WC】…Well Centered
 【ウェルセンター】…切手の印刷面が中央に位置するように目打されている状態のこと。

【OC】…Off Centered
 【オフセンター】…切手の印刷面よりずれて目打されている状態のこと。

表裏合わせた全体的な印象、状態

【Superb】
 完全美品。完全なウェルセンターで、目打またはマージンが美しく、刷色、裏糊の状態が非常に良く、欠点が全く無いもの。

【XF】…Extremely Fine
 極美品。完全に近いウェルセンターで目打またはマージンの状態が良く、糊落ちや色褪せなどの無いほぼ完全な品。稀にEFと称されることもあるが、この表記は一般にコインの状態を示すときに使われる。

【VF】…Very Fine
 美品。良好なウェルセンター。

【F】…Fine
 普通品。小シミ、ヒンジ跡がある切手。未使用切手においては、この状態ではコレクション価値は幾分低下しますが、使用済切手では標準の状態をいいます。収集家の手から手に渡ったりする間に、幾分経時変化を起こした程度の状態。

【VG】…Very Good (単にGともいう)
 やや劣。軽度な欠陥。目打欠けや糊落ち、ヘゲなどがある状態で、このあたりから一般の収集家では敬遠する傾向があります。

【D】…Defect
 劣。強い欠陥のあるもの。クラシック切手など、貴重な切手以外はコレクション価値がほとんど無い状態。切手の一部が欠落したり、補修跡があるものも含みます。


ページトップへ
  • 柚子堂へのお問合せ

  • お申し込み
  • 柚子堂へのアクセス

  • マップ
  • 使用済み切手を無料鑑定

  • 無料鑑定
  • 中国切手買取を開始

  • 中国切手買取中
  • よくあるご質問の回答集

  • よくある質問
  • 素人が聞きたい切手用語

  • 切手用語辞典
  • 柚子堂 代表ブログ

  • 代表ブログ
  • 写真撮影

  • 写真撮影
(c)Copyright USEDO Co., Ltd. 2009-2016 All rights reserved.